忍者

TOOLS
L'Arc,FAKE?,INORAN,SID etc.のメディアやライブのレポ中心ブログ
2006.10.13 INORAN photograph TOUR@Shibuya O-EAST
なんか記憶が曖昧です
というのも今少し酔っているせいと、ちょっとあんまりいい場所で見れなかったせいでもあります;;
でも簡単にレポります

***

今日は最終日ということで皆気合入りまくりです…(苦笑)
200番台だったのに300番台だった初日より後ろにしかポジション取れず&
なんか皆さん必死です…こわいです…

本日のセットリスト(東京2日目と一緒)

numb

identity
Won't leave my mind

MC

Felicidad
Lyrical rampage

MC

in dry times
room
想 reagganged
Broken window

MC


Can you hear it?
STK
come closer
raize

***

覚えていることだけ書きます

・本日もWon'tとraizeでギタリストINORANです★
・そして本日も白シャツ黒ジャケ、ジーンズと、乙女心をくすぐるスタイルです
・identityの盛り上がるところで白幕が落ちるのも変わらず
・ちなみに本日はビデオが入っています、観客そんな撮らないでください…恥ずかしいんで;;

・前から2週間あいたのでライブが恋しかったというINORAN
・こっ、こ、こ、恋しかったとか言わないでください可愛すぎるから…(動揺)

・Felicidadはやはり特定の誰かに向けて歌っているのでしょうか、
誰とかはわかんないけど、私にはなんとなくそう聴こえる
すごくあたたかみがあっていいけれど
・Felicidadで黒ジャケ脱ぎました、うふ(怪)

・MCにて「(INORANも客も)今日カタくない?」ってカオルさんに言われたと話すINORAN
・確かに今日はなんかずっとカタかったです、カメラ入ると撮られてるモード入っちゃうんじゃないかな

・今日のトーク担当はカオルさん
・「ジャンケンずっと勝ってきたのに一番やりづらくない?」みたいなことおっしゃってました
・「最近どうですか?」というINORANに、「その質問一番答えにくいと思うんだよね」
・INORAN「そう思ってワザとやってるんですけどね(笑)」
・君はカオル兄さんにもSなのかーー!!(笑)

・INORAN「カオルくん、今後はどうですか?」
カオルくん「今後はぼちぼち…」
INORAN「お好み焼き屋かい(笑)」
・だからカオル兄さんにまでSにならないでください…!(笑)

・in dry timesの「日陰なんていらない」のところで走るマネしてました
・↑わかりにくいと思うんですがすごくかわいかった
・in dry timesでBASSがビデオカメラ持って遊んでました、いろいろ撮ってました
その後レコードの上にカメラを放置したため、カメラがぐるぐるしてました
・そうなんです、今日はなぜかBASSばかり見ていたんです(苦笑)
・だって彼が面白い感じでときどき踊るんですもの
・そういえば手拍子をINORANがして、客もしてたのはこの曲だったかな?

・メンバー紹介、ナラさん、ジュウイチくん、オミさん、ベース、カオルくん、の順です
・BASSは今日はロクロを回してるらしい(笑)
・BASS「(INORANに)アナタ今日もカッコイイわよ」
・INORAN「アナタもカッコイイわよ」
・BASS「ありがとう」
・INORAN「どういたしまして」
・BASS「……信じられないわぁぁあ」
・またまたそういうタイムリーネタを…
・ってか信じてくださいよベースさん(笑)
・個人的にINORANのアナタもカッコイイわよ、がかなりツボです、
君たちいつもそんな風に会話してんのかい…
・BASS「今回もいっぱい雨を降らしてくれました、今日は晴れたけどね、INORAN!」
・私的には世界最高に雨の似合う男INORAN

・ナラさんが5弦ベース弾くのはCan you hear it?でした、うーんステキ★
・INORANもノリノリです、ナラさんと背中くっつけて歌ってます
・STKからはずっと平和な雰囲気で会場全体明るくしたり楽しげでした

・本日のアクシデントはまたまたcome closerです
・ん?なんか音足りない?っていうかギターの音薄い?とか不審に思っていたら
・INORANさん歌入れません!っていうか楽器隊もどんどんバラバラになっていきます!
・立て直せなかったINORAN、ストーップ!(のボーズ、がちょっとおふざけで面白かった)

・仕切り直しです、でもやり直してもなんか変だったね(笑)INORAN変調してたし
・INORANさん、笑って誤魔化してもだめです!(笑)オミさんとワンマイクで歌ってもだめです!
この曲はリベンジしてほしかった、
DVDつくるなら大阪の映像とかあてがってほしいぐらいひどかったよ、実は
・でもcome closerのカオルさんんぼドラミングはかなーり冴えてました!!キレがあったというか
・曲が終わった後INORAN「今日のアクシデントはどうでしたか?」
・みんなキャーキャー言ってましたけど私はちょっとがっかりでしたよ(苦笑)
・ってかCome closer、いい曲だけど
INORANの音域にしては歌メロが低すぎるのが原因では?と今更思った
彼自身かなり喉を伸ばして頑張って歌っていたし
・つーかINORANスタンドにはめたはずのマイクをドカンと落としてましたよね、
はっちゃけすぎです(笑)

・raizeはなんだかんだ幸せいっぱいで満面の笑みで見てました♪この曲いいです
・なんかでもイントロのギターが2本入る前が長すぎる気がします
一曲目ならいいのかもしれないけれど、ラストに持ってくるならアレンジしたほうがいい気が…

・帰りは二階に行くのが規制されてたんですが、
○○さんがいたらしいとか、××さんがいたらしいとか、なんかいろいろウワサだけはあるようです

***

全体的にどの曲と言うわけではなく、今日はオミさんがかなーりよかった気がします
なんかの曲の間奏のアレンジとかすごくよかったんですよ
もちろん冴えに冴えまくってるナラさんのベースとかは私いつも好きですけど
オミさんがイイ味出してるなって思ったのは、
雰囲気では今までもあったけど、音的には今日が初めてで新鮮でした

あと今日はINORANがやけにピースをしていた気が
なぜにピース?とちょっと思いつつ、
いろんな場面でピースしていたのでDVD映像化されたときには要チェックです

そんな感じで今日もカオル兄さんと仲良しなINORANでした★
INORANいわく、「INORANと愉快な仲間たちをこれからもよろしくね」
いえいえ、こちらこそ。。
INORANが客にありがとうと言ったときの微妙にテレをごまかしたような、
そんなぶっきらぼうさが無性に心に残っています
こちらこそありがとう◎

***

今日はなんかちょっと自分的に相性の合わない客の近くにポジション取ってしまって
最初のほうとか結構戦ってたかんじでツラかったのですが
なんだかんだ結構ライブ本編の内容覚えてましたね(笑)よかったv
特に特記してない曲は私が聴き惚れてたかノリノリだったかどっちかの曲です

ファイナルはライブのクオリティとしては徐々に上がっていくものだしイイんだろうけど
客とか雰囲気とか総合的にみると
私が一番楽しめるのがファイナルだとは言えないかも;って思いました
なんか前で見たいけど、場所取り争奪戦みたいなの嫌なんです…今日はそうだったからちょっと残念
ちょっと後ろ下がったらイイカンジだったけど、これじゃあ中音聴こえないじゃないかーという。
ナラさんの中音が聴きたかったのに…!
でももちろん楽しかった部分もたくさんありました
なによりINORANをみて、やさしく、まっすぐな気持ちになりました
あとギタリストINORANが私はやっぱり好きでした
そしてなんとなく、FAKE?のINORANがみたくなりました
でもFAKE?は今のFAKE?も大好きだから、こんなこと言うのはバカげてる気がしました
でもやっぱり、流転を弾くINORANが好きでした


photographのCDの
ギターの、一音いち音を聴いて、もう一度INORANを確かめたくなりました

***

本日の購入品(あえて低画質) ポストカード&ロト×1

c0046447_2362823.jpg






このポストカードの全身写ってる
INORANがすてきなのですよ
***

ああ、わたしも、あなたの音に溶けてしまいたい。
[PR]
by scarletspica | 2006-10-14 02:28 | INORAN
<< ex-OBLIVION DUS... トップページ 前に進む日、あなたの生まれた日 >>
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
掲載ライブ・イベントレポ
★一覧表はコチラ★



最新のトラックバック
AUDIO ACTIVE
from = 馨 =
L'Arcafe行ってき..
from ign.
こんにゃくダイエット実践..
from ダイエットでカロリー、血糖コ..
OBRIVION DUS..
from NOTHING OR EVE..
Tourbillonライ..
from 拉麺日記
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧
お知らせ
<管理人>
結城みづな
L'暦8年/FK?暦4年/INO暦2年
SID歴半年なのでご愛嬌下さい
kenとINORANとゆうや贔屓
excite ID:scarletspica

<連絡先>
scarletspica★excite.co.jp
★を@に変換してお送り下さい

レポート記事の著作権について当サイトは、提供元を明らかにし尊重しつつ、音声を文字起こししたものは、提供元の著作権との関係では、掲載許諾の範囲と考えております。また、文字として公開されている媒体に関しては引用の範囲を超えないようにしているつもりです。何かご意見がありましたらコメント又はメールでお願い致します。

トラックバックのガイドライン
基本的に記事の主旨に関連した記事へのトラバは歓迎しております。関連性が薄いと思われたものに関しては予告なく削除させていただくことがありますのでご了承ください。

過去の副産物(ブログステッカー)




お持ち帰り自由、直リンク不可