忍者

TOOLS
L'Arc,FAKE?,INORAN,SID etc.のメディアやライブのレポ中心ブログ
2008.3.6 シド センチメンタルマキアートツアー@戸田市文化会館 後編
この記事は
2008.3.6 シド センチメンタルマキアートツアー@戸田市文化会館 前編」の続きです。


***


<アンコール>
客席相当盛り上がってました。皆すごい声出してたし。
初日だしミスとかもあるけど、いいライブだなーなんて感じました。
メンバー皆さん、黒ツアーTを着て登場。
どーしてもマオの格好が面白くて、笑ってしまった。
だって黒ツアーTに黒のハーフパンツに黒スパッツにブーツって。
髪型は野性的だし笑。

「ミルク」
をやろうとしてイントロが流れ始めるも、
出だしをゆうやがミス?してスタートできないという事態に。

マオ「初日だからさ、皆ハプニング欲しいでしょ?ハプニング起こりました!」
(ちょ!私はそんなの望んでないぞ!むしろアンコールの勢いが摘まれちゃったかんじが…)
マオ「あ、これ、ツアーTいいでしょ?
Mサイズ。マオのMね、だからそれ以上になれないっていう…。
あのね、これ……あ、まぁいいや。」
客「なにー!?」
マオ「まぁいいの!!そういうプレイなの!好きでしょ?『まぁいいやプレイ』」
(なんだそれは笑)
マオ「今、ヘンターイ!ってのとセンパーイ!ってのが混ざって聞こえる笑」
(あのー…誰もセンパーイ!って呼んでませんが笑)
マオ「あ、これは(後ろにうちわが置いてあり取り出す)痛いうちわじゃないですか。
これね、痛いよねー!何て書いてあるんだろ。ゆーちゃん『チュウ、好き?』いみわからん!」
ゆうや投げキッスしてました。
マオ「あっくん『オマエのハートを燃やし尽くしてやるぜ!』あーこれはわかる。
燃やし尽くしてくれそうだもん(←え?笑)
ゆうやの意味不明!
次、しんしん『胡散臭い』(そんなことは書いてません笑)
…『探さないでください』なんかこれが胡散臭いもん!」
とかいってしばらく胡散くさいトークをしてました。
マオ「こういう会話がまず胡散臭い!」と締めてました。
マオ「あ、これね、タオル。その辺で売ってるから、
ひとり20枚ずつ買って帰っ…(噛)、はい噛んだからダメー!笑」
マオさん宣伝おつです笑。

仕切りなおしで


「ミルク」
マオの歌は結構よかったと思う。
うーん、でももうミルクは飽きた感があるんだよなぁ。
メンバーとしては演奏し慣れてるからか、そんなに大崩はなかったですが。

「orion」
私、この曲の明希のベースラインがカッコ悪いと思っていて笑。
なのでやっぱりカッコワルイままなのかなーと注目して聴いてたんですが、やっぱりカッコ悪かった爆。
というか生な分、不安定な部分もあって余計カッコ悪かった(><)
まぁ私の好みの問題なんだけど。
それ以外では、青い照明がキレイだった印象があります。
あと、マオがわざと可愛いかんじで歌ってたんだけど、それもなかなかいいなーと思いました。
明希が手を左右に振ってノリを示してた。
私的にはそのノリは微妙だったかなぁ…。

「アリバイ」
間奏中に明希が下手、マオが上手の階段を上って、マオが明希に近づいていきましたー。
そしたら「夜が明けた空塗り潰すようにキスをしたね♪」で、明希がマオの頬にチュー。
すごい歓声が上がったけど、私はむしろびっくりして絶句でした笑。
ってか、それ以上に歓声にキョロキョロするゆうやが可愛かったよー(><)

「スロウ」
相変わらずこの曲は「オイオイ」ノリだよねー。
なのに!マオくんDear Tokyoを歌い出しちゃいました。
もう頭の中が切り替わらないみたいでしばらくDear Tokyoになっちゃって。
客から見たらやり直しレベルだったんだけど、
ミルクで既に失敗してるから、もう1度止めるわけにはいかないと思ったのかな。
ゆうやは強行でした。
サビぐらいでやっとマオは歌えるようになりました。
正直アレはひどかったかなぁ。
その後に一生懸命煽ってるマオが最高にカッコ悪くて、なんか残念だった…。


<MC>
マオ「これから全国回るんだけど…
他のに来る人も最後の人もいるだろうけど、楽しみにしてて」
みたいな話でした。


「涙の温度」
ミラーボール出現。いろんなこと思い出しながら聴いてたんだけど…
やっぱりアンコール後の失敗が頭から離れなくて、あんまり楽しめなかったよ。
間奏後のマオくんだけになるとこ、リズム取りにくそうだったな。
なんとか歌えてたけど。


<エンディング>
ゆうや…下手に行ったら後ろからマオに肩組まれてた。
センターでは、終わったら一杯やろうぜ的な身振りをしんぢと。
上手ではファンと、あっちむいてホイ。
明希…「おまいら最高だぞ!」など、マイクを通していろいろ言ってました。
しんぢ…センターでエアギターかなんかしてて面白かったです。後でマオも真似してた。
マオ…最後にマオだけ残り、「ありがとう」などと言っていました。


終演後はネギの交換で入り乱れていました。
(ネギペンの出荷が遅れたせいで、予約引き換えだったようです)


***


全体の感想としては、
私は今後が期待できる初日だったかな、というかんじでした。
私はゆうやファンだから、ゆうや中心に見ちゃうけど、彼の音は前より絶対に冴えていました!
ミスももちろんいろいろあって、不満に思う点もあったけど
それ含めても総じてプラス評価を付けられるライブでした。
アイコンタクトも多く、演奏丁寧にっていうのは結構考えてたんじゃないかな。

でも、戸田しか見に来れない人だったら、満足はしないと思います。
そういう意味で、イイ意味でもっと緊迫したライブであってほしかったと思うのは事実です。
特に、アンコール後。
アンコール前は演奏の問題があったとしても、結構良かったと思います。
でも人間、最後の印象って強いんです。
だからアンコール後のあのミスは痛かった。
私も結局、アンコール後にノりきれないなーと感じたのを拭えないまま終わってしまったので。
違う選曲をして、初日は手堅く盛り上げることに徹するという方法もあったように思います。
それは守りに入るという意味ではなく、ツアー全体のいい流れを作るためにです。

音作りに関してですが。
場所の関係ですかね?PAに近かったので、本来の音作りした音を聴いてたと思うんですが。
シドライブにしては珍しく?しんぢの音が目立ってました。
私の中では良いバランスだったと感じています。
ボーカル小さかったって言ってる人もいるみたいだけど…
私はあんまりボーカル気にしてないから気づかなかったです。
ベースがちょうどいい大きさになってましたよ◎笑

そして、メンバーの演奏について少し。
やはり、第3ブロック(ハナビラのところ)の聴かせる場面で、
メンバーが緊張して失敗しているのが、こちらにも伝わってきてしまっていました。
暴れるところや、ノリノリなところだと、ちょっと演奏が雑でも
「楽しいし、まーいーか!」って無理矢理目を瞑ることできるんですが…
聴かせるところでアレは痛いです。大変残念でした。

まぁねー、あのねぇ、ファンもねぇー、
アピールしたいとかいろいろあるでしょうけど、
目の前でプレッシャーかけるような動作は限度があると思うよ。うん。笑

だから、まぁ、これから成長してほしいなーって思うところです。って偉そうですよね;;

あのですねー、私いつも批判してばっかりなので、今回ライブ中に思ったことがあるんですよ。
「まだまだなとこあるけど、やっぱシドさん成長してるな…
私も、批判するくせにお前はどうなんだよ、って言われないように、
自分の本業をしっかりやって、人間的に成長しないとな…」って。
今の私にとって、そう思わせてくれたシドっていうのは、やっぱり大切な存在でした。
だから、もっと好きになったよ。

初日、皆さんお疲れ様でした。
今後も参加する公演については、なるべくレポしていきたいと思っています★


***


セットリスト


証言
夏恋
and boyfriend

<MC>

smile
蜜指 ~ミツユビ~
妄想日記

<MC>

ハナビラ
誘感コレクション
御手紙
マスカラ

<MC>

Sweet?

<メンバーコール>

循環
エール
Dear Tokyo
右手のスプーンと初恋とナイフ


アンコール

<MC>

ミルク
orion
アリバイ
スロウ

<MC>

涙の温度


c0046447_0513060.jpg

グッズはこの後の日程で買うよ★
[PR]
by scarletspica | 2008-03-08 00:54 | SID
<< 2008.3.6 シド センチ... トップページ 2007.2.16 シド シー... >>
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
掲載ライブ・イベントレポ
★一覧表はコチラ★



最新のトラックバック
AUDIO ACTIVE
from = 馨 =
L'Arcafe行ってき..
from ign.
こんにゃくダイエット実践..
from ダイエットでカロリー、血糖コ..
OBRIVION DUS..
from NOTHING OR EVE..
Tourbillonライ..
from 拉麺日記
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧
お知らせ
<管理人>
結城みづな
L'暦8年/FK?暦4年/INO暦2年
SID歴半年なのでご愛嬌下さい
kenとINORANとゆうや贔屓
excite ID:scarletspica

<連絡先>
scarletspica★excite.co.jp
★を@に変換してお送り下さい

レポート記事の著作権について当サイトは、提供元を明らかにし尊重しつつ、音声を文字起こししたものは、提供元の著作権との関係では、掲載許諾の範囲と考えております。また、文字として公開されている媒体に関しては引用の範囲を超えないようにしているつもりです。何かご意見がありましたらコメント又はメールでお願い致します。

トラックバックのガイドライン
基本的に記事の主旨に関連した記事へのトラバは歓迎しております。関連性が薄いと思われたものに関しては予告なく削除させていただくことがありますのでご了承ください。

過去の副産物(ブログステッカー)




お持ち帰り自由、直リンク不可