忍者

TOOLS
L'Arc,FAKE?,INORAN,SID etc.のメディアやライブのレポ中心ブログ
<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
HYDE ゴゴイチ、Mステの感想とか
SEASON'S CALL散々批判しましたが、最近結構いいかもと思い始めました(苦笑)
これがウワサのスルメ効果か?
わかりません

HYDEが出たゴゴイチを見たんですが
ヨーヨーしながらの登場で、カッコつけてるけどカッコついてないHYDEさんがサイコーです(笑)
しかも「(ヨーヨーの)思い出…長くなっちゃうよ?」
ってあの独特ののったりした喋り方で言うのがいいなぁーってまたビミョウなことを…
内容は結構実があったと思います
なので後々書き起こす、かも(かなり長いので先送りです・苦笑)
ところで見てるとき、親に
「ほんと酒ヤケしたような喋り方…気怠そう」
ってずっといわれたんですが
ママンよ、HYDEはいつもこんな喋り方ですから…!!

そしてMステ
便座のハナシってアナタ…
そんなくだらない話生放送全国ネットでしてしまうのがHYDEらしいですね

私は演奏中のKAZくんが気になって仕方なかった
あたしがあんまり気に入ってないDメロ?のとこね、HYDEと重なって映ってましたけど
(気に入ってないのは、この曲に要らないフレーズだと思ってるだけで
プレイ自体はカッコイイと思うんだけどね)
やっぱKAZくんの生演奏見る意味でもHYDEライブに行きたいなー
ところでHYDEはあきらかにアンプのヴォリューム出てませんなあの演奏はいかがなものだろうか
雑すぎですよー(笑)

歌に関していうと、やっぱちょっと音程上がりきれてないかんじが否めなくって
ゴゴイチで喉のこと気にしなくってもカッコイイ声出せてるみたいな話してたけど
それは思い過ごしだろ…と思った
やっぱ喉大切にしてるヴォーカリストのほうがいい声出すのは絶対だと思う
最近、そうやって「カッコイイ声」出してるHYDEの歌い方はワンパターンになってて
いろんな表現ができるものとは掛け離れてる気がするよ

***

FAKE?チケ申し込んできた
名古屋の振込みはとりあえず見送りで…行きたいけど
INORANの動向次第だ

***

つーかInnocent Gardenメモさんのこちらの記事で知ったんですが
uv」休刊て…(泣)
かなり好きなのに
たとえ高くとも!地元の本屋には入荷しなくても!
アンケートの「よく読む雑誌」に唯一ずっと書き続けたのにー
好きミューが出たらuvだけは買うみたいのもあったのにな

***

スペインサッカーの話ですが
レアルマドリー(現在3位)、マジョルカ(常に降格圏内)に負けましたね
マジョルカのプレスが効いちゃっててびっくりしました
しかしバレンシア(現在2位)は勝ちきれないという… あーあ

***

ラブログのリストに更新が載らない…=My Blog Japanにping送信できてないっぽい…
しっかりしてくれエキサイト
[PR]
by scarletspica | 2006-02-27 23:06 | L’Arc~en~Ciel
HYDE ラジアンDXレポupしました&SEASON'S CALL感想
一昨日ね、くだらない更新しかしなかったんで反省です(笑)
今日は実があります
HYDEソロのSEASON'S CALLのプロモで
2006.2.21にJFN系ラジアンリミテッドDXに出たときのレポートをUPしました
どうぞお楽しみください↓
HYDE 2006.2.21 ラジアンDX ラジオレポ 前半
HYDE 2006.2.21 ラジアンDX ラジオレポ 後半

***

ところで私はこのラジオで初めてSEASON'S CALLを聴きまして
その感想をちょっと
相変わらず毒舌含みますから、気をつけてください

イントロ、すごくいいです
hydeの世界の王道としてDUNEやTierraのときからある雰囲気を率直に出したような曲調
KAZくんがつくったとはいえ、hydeも口出ししてるでしょうし
それを形にしたKAZくんもナイスです

でも全体の評価としては今一歩と思いました
というのもどうしてもラルクのころから引き続き、つくりこみすぎ、が否めないからです
ラルクでも最近技巧に走りすぎ感は否めないと思っていたけど
無理矢理の構成、だめメロ(無理矢理考えた感のあるメロをこう呼んでます)、重ねすぎの音、
ラルクで「これはやりすぎだろww」みたいに思ってたとこ全部引きずっちゃってる感じです
ライブでハコ小さくしたりしてシンプルにやろうとしてるのかもしれないけど
曲はどんどん意味もなくムズカシクなってる気がするよ
もっとシンプルなかっこよさで勝負してもいいと思うんだけどな

ラルクはフクザツにやっても技巧に走っても
結構許されてる感(マンセーされてしまうという意味で)があると思うんだけど
それは、ラルクだからであって、なんつーか
私なんかは、ああいう4人が集まっちゃったら
そうなるのも仕方ねーなーみたいなとこもあるわけさ
だけどhydeはシンプルを目指してるんだったら
曲ももっとシンプルでいいんじゃない?
ROENTGENが一般的に結構評価されてる(と思うんだけど)のは、
そういうのを買ってるってのもあると思う

ところでリードギターを弾いてるのはやっぱりkAZくんかな
オブリのときは、まぁ豪快にいったほうがカッコイイかんじもあったからか
こういうバラードじゃないキレイ目系ってあんまなかったと思うし気づかなかっただけか
そんな印象はなかったんだけどな
なんか結構荒いギターの印象を受けました
ちょっとこの曲の雰囲気にはもうちょっとていねいさがほしいなぁ

***

そんなこんなで最後に一言
あたしはHYDEのライブが見たい!! けど、オールスタンディングは見たくないです(怖いもん・爆)
[PR]
by scarletspica | 2006-02-23 17:46 | L’Arc~en~Ciel
HYDE 2006.2.21 ラジアンDX ラジオレポ 後半
前半の続き~

や「じゃあこれいってみましょうか、ハタチの○○ちゃんが『ブラジル人ミラクルビラ配り』って文章を考えてくれたんだけど。要はあれでしょうね、街にティッシュ配りとかチラシ配りとかいろいろいるじゃないですか、センター街でものすごいブラジル人が、すごいスピードで配ってたんでしょうね、これね」
h「うん、なるほどね」
や「どうでしょう、大体…(いける?)」
h「全然!」
や「お!じゃあいきますよ、カウントお願いします」

3,2,1,GO!

h「ブラジル人ビラクルビラ配り!」(←結構アヤシイ・笑)
や「きたきたきたこれ、きたんじゃないこれ」

成功の効果音

や「(スタッフに)どうしました?」
ス「いや、一応…」
や「若干ね、最後のほうでHYDEもニヤっと笑ってましたからね」
h「(笑)」
ス「いっかい、一回ですからね!じゃあ二回、やまださんは言ってみましょうか」
や「一回で充分ですよ、こんなのもう」

3,2,1,GO!

や「ブラジル人ミラクルビラ配り」
h「あぁ、すごい」

成功の効果音

h「(小声で)ブラジル人ミラクルビラ配り」(←練習してます・笑)
ス「ということは、一回はお二方、クリアーしましたんで、三回言ってもらいましょう」
や「なんで、なんで」
ス「勝負つかないもん」
や「じゃあ二回にしよう、二回。徐々にいこう」
ス「じゃぁHYDEさんいきますよ」

3,2,1,GO!

h「ブラジル人ビラクルビラ配り、ブラジル人ビラ…!(吹き出す)笑っちゃうわ!」

プレゼントゲットの効果音

や「笑っちゃったんですよ、今。噛んだんじゃない、笑っちゃったの」
ス「吹いちゃったんですよ」
や「そうそうそう、ディレクターの前田さんが笑わすから!」
ス「あーもう変な顔してねぇ、変顔でねぇ」
や「そうそうそう、HYDEは言えたんだけど、笑っちゃったから」
h「ほんとだよもう」
や「噛んだんじゃないもん、困るわ!」
ス「どうしようかなじゃあもう一回やってみますか」

3,2,1,GO!

h「ブラジル人ミラクルビラ配り、ブラジル人ミラクルビラ配り」(←気合入ってる)

成功の効果音

や「ほら!ちょっと!あのね、何気に聴いてるけどね、すごい貴重な生放送してるから。やんねぇぞ、他では、ほんとに!!Mステとかで絶対やんねぇからな、言っとくけど!!」
ス「HYDEさん二回まわりクリア、やまださんも二回まわり言ってください」
や「すげぇなんでHYDE断んねぇんだろ(笑)断んねぇから俺も二回やることになってるよ」

3,2,1,GO!

や「ブラジル人ミラクルビラ配り、ブラジル人ミラクルビラ配り、ブラジル人ミラクルビラ配り。三回言っちゃった、あら、ということは」

成功の効果音

ス「HYDEさん、次、三回まわり…それでHYDEさんがクリアだったら違うネタいきましょう」
や「三回できたらもうOKですよこれ、三回できたらもう勘弁してくださいよ」

3,2,1,GO!

h「ブラジル人ミラクルビラ配り、ブラジル人ミラクルビラ配り、ブラジル人ミラクルビラ配り」(←ギリギリセーフかな)
や「おおー!!すごい!」

成功の効果音

ス「勝負つかないじゃないですかー」
や「だから言ったでしょ、誰だと思ってるんだと」
h「ほんとだよー」

ス「じゃあ次このネタいきますよ」
や「どーなってんのよ、ちょっとー、どういうことー。静岡県の○○、『スミはすみずみ水で洗う』」
h「わっ」
や「あーなるほど、あれだ。備長炭とか最近お米入れる人いるから、一回洗っとかないとってこと?これ」
ス「そうですね」
や「スミはすみずみ水で洗う…ただ今、なんか一回HYDEが『わっ』って言ったけど…」
h「なんかもう…もうわかんないもんこれ」
や「意味が?」
h「いや、なんちゅうか…文字体?文字の雰囲気?なんか丸がいっぱいある」
や「(笑)すみずみってね。どうします?」
h「全然余裕ですよ」
や「ね、やりますよね?口ほどでもない、やりましょうやりましょう」

3,2,1,GO!

h「スミはすみずみ…ぶっ!!」
や「今ちょっと今!携帯で、電話入ったから今!そうそう今番組中に電話入ったから!ごめんごめんごめん」
ス「邪魔入りましたもんね」
h「(小声で)今電話すんなよ…」
や「電源切ってくれ!(笑)すいません、ほんとすいません。もう大丈夫?」

3,2,1,GO!

h「スミはすみずみ水で洗う」
や「ほら!ほらほら言えてるじゃん」

成功の効果音

や「全然大丈夫、全然大丈夫」

3,2,1,GO!

や「スミはみすっ…。いやいやいや」
h「すみあみ?」
や「何が?なんで俺負けたんだろ」
ス「何々?どうしたの?ヘッドホン、ズレたんでしょ?」
や「あーあーズレたズレた。そういえばズレた!(笑)」
ス「ちょっとカイロカイロ!貰わなきゃいけないんですから負けないでくださいよ」
や「やべぇー。すいませんカイロ…。スミはすみずみ水で洗う…絶対大丈夫だと思うのに」
ス「二回、二回で。ひとつは別として」

3,2,1,GO!

や「スミはすみずみ水で洗う、スミはすみずみ水で洗う。 よしきた!よしよしリードしたリードした」
h「おーすごい」

成功の効果音

ス「じゃあもう三回言ってもらいましょう」
や「三回?」
h「オッケーオッケー」

3,2,1,GO!

h「スミはすみずみ水で洗う、スミはすみずみ水で洗う、スミはみすっ…×○▲□。勘弁してくださいっ」

失敗の効果音

や「(笑)よかった、今の可愛かった。スミはみすっ…×○▲□。最高だったよ今。スミはすみずみ…×○▲□」
ス「よかったー!カイロいただきますっ」
や「カイロいただきました!まだまだHYDEのインタビュー続きます」

CM

や「やまだひさしのラジアンリミテッドデジタルクロス、今日のゲストは明日いよいよニューシングルSEASON'S CALLをリリースするHYDEですが、もうね、考えたら去年の10月だったんですね、リリースされたCOUNTDOWNは」
h「はい、そうっすね」
や「そっから第三次ソロっていうことで…今回のソロ、なんと言ってもですね、4月からツアーがありますけど、その数も多いことながら、場所が言ってみればすごいHYDEと距離が近い!」
h「近いっすね」
や「ってことになりますよね。これは自分でもなんかそういう、特別な思いがあって選んだ?」
h「そうっすね、あのー、前回のツアーがすごい楽しかったんで、たくさんやろうみたいな話は呑みながらよくやってて。で気が付いたらこうなってたいう。で、どうせだったら主要都市以外をまずぐーっとまわって。んで皆の住んでるところに僕から行って、少ない人数の雰囲気を味わってもらいたいな、と」
や「はー、まぁ確かにチケット取るのは大変かもしれないけど、ほんとにそこで出会える人たちにとってはものすごい近さで体感できますから…」
h「すごい記憶に残ると思う」
や「ですねー。なんか自分でも、この間のテレビでも言ってくれてましたけど、そういう思い出が残ってると。自分で見に行ったときも、デカイとこの公演のライブも覚えてるけど、やっぱりあの距離っていうのは、違う感じがやっぱりね、おみやげとして持って帰れる…」
h「特別ですね」

や「で、それがあってその後には、ちゃんとさすが、HYDE TOUR 2006 FAITH、4/7水戸を皮切りにスタートした後、8月からアリーナツアーもやるっていう」
h「うん、でもね、あの、コンセプトが、オールスタンディングじゃないとライブしないってのがずっとあるんで、横浜アリーナとか大阪城も、全部オールスタンディングなの」
や「あ、デカくなったとしても基本的にはそういった、ライブハウスの雰囲気をそのままでやれるようになってるわけね。ははー、両方そういった点ではチェックしとかないとこれ」
h「面白いと思いますよ」
や「ですねー。かなり、雰囲気ももしかしたら…?ステージはなんか変わるかもしれないけど、一体感になっては、一緒ですもんね。ツアーに関する詳しい情報はwww.hyde.comです。簡単です。hyde.comにぜひアクセスしてください。で、最新情報、TOKYO FMの携帯音楽サイト、ミュージックビレッジでHYDEのメルマガを配信中です。LAでの様子だったり、レコーディング秘話だったりもこれ満載になってますんで、毎週水曜日に配信登録受付中ですから、どしどしこちらのほうもアクセスしてください。それではもうちょっと時間になってしまいました。リスナーの皆さんにぜひ一言いただけますか?」

h「はい、長いね、レコーディングがやっと終焉を迎えてですね、これからもう呑みますよ!ってかんじで、もう今日も二日酔いでってかんじなんですけど(笑)」
や「呑みますよ?あれ?(笑)とりあえずね、少しリラックスしたモードもあって」
h「そうです、はい」
や「こっからエンジンかけて4月と」
h「行くんでね、皆さん楽しみにしていてください」
や「ほんとですね。皆さんぜひこのね、体感ライブレポも、ラジアンのほうにぜひくださいよ、すごい距離で会えたよとか、ものすごい汗がね、とかそういったもの体感してきたよとか、そういった情報もほしいところです。じゃ最後にこちらの曲紹介をしていただいてお別れとなります」
h「はい、UNEXPECTED ディストーション」
や「こちらを聴きながらお別れです、HYDE本当にありがとうございました」
h「ありがとうございましたー」

♪UNEXPECTED

***

・相変わらずくだらないことをゲスト(っていうかラルクメンバー)に
やらせるラジアンクオリティーですが(そんなラジアンが好きですが)
・やまだの司会っぷりはかなりビミョウでした
・なんか無理に真面目に音楽の話インタビューしようとしてるってかんじ
・やまだ的には頑張ってるんだろうけど、リスナーはやまだに対してはそれは求めてないと思う…
・ところでミラクルビラ配りなHYDE氏ですが
・めっちゃ真剣に言ってて、ほんと好きです、こーゆーくだらないとこ
・しかもほんとは最初から全然言えてないしね!(萌
・ところで、早口が得意なやまだ、それはよくわかったが
この企画はやっぱマ○ュー南に対抗してんのかな…
いや、なんとなく、だってもともとお笑い狙いだったんでしょアノ人(まぁ今がお笑いじゃないとも言えないけどね・笑)
・まあこれからもラジアンにはこのスタイルでいってほしいです
[PR]
by scarletspica | 2006-02-21 23:59 | L’Arc~en~Ciel
HYDE 2006.2.21 ラジアンDX ラジオレポ 前半
や…やまだ h…HYDE ス…スタッフの何とかさん(笑)
 
や「今夜の生ゲスト!HYDE!!」
h「はい、こんばんは、HYDEです」
や「ほんとにもうこんばんは、ちょっとねこの間のお仕事で会ってるので僕的には久しぶりではないんですが、ラジアンでは久しぶりということなので。この間動き的には結構バタバタしてましたけれども、ずっと年末年始にかけてもソロに関して動いてたんですか?」
h「…動いてたも何も!!ずっと表立ってなかっただけで、今はむしろラフなかんじですね」
や「もうじゃあそれまでの過程は…」
h「もうねぇ、ひどいもんですよ」
や「働いてたんだぞ、と」
h「ぐいぐい!」
や「ぐいぐい?」
h「ぐいぐいやってましたね」

や「じゃあ年末年始もずっとゆっくりしてなかったんですか?」
h「あのねぇ、年末ちょうど大晦日から関節が痛くなりまして」
や「関節が痛くなった…ちょちょちょっと!あのねぇ、ボーカリスト、ボーカリスト!大変ですよ」
h「熱をはかったらえらい高熱で、もうそれまでお正月休みが欲しくて頑張ってたのに、休みが台無しですよ」
や「完全に治療に当てて(笑)何が原因?」
h「ほんとにもう悔しかった!で、原因がわかんないの。食あたりって話もあるんだけど」
や「(笑)何食ったんだろ」
h「いや忘年会出てた皆、謎の高熱が出てて」
や「危ない、危ない。まぁでも、ノロウィルスとかもものすごいらしくて、うちの番組のディレクターもだめで大変な目に遭ってましたね」
h「(ノロウィルスを)聞いたことないな」
や「ノロウィルス聞いたことないすか?食べるとすぐ戻しちゃったりして、下痢も止まんないとか」
h「俺は高熱だけでしたね」
や「ふらふらですよ、そしたら、正月も」
h「そうそうそう、病み上がりからもう怒涛のレコーディング」
や「(笑)しかもレコーディングは日本じゃなかったですよね?」
h「日本で…あのね、歌は日本で、その後は。それまでがLAで」
や「あのー、PVとかも全部(LAで)」
h「そうですね」

や「LAっていうのは、この時期どうなの?あったかいの?」
h「めちゃくちゃ寒かったですね!2月が一番寒いらしいんですけど、それと一緒ぐらい寒いよって言ってた」
や「なんか常に常夏なイメージですけど」
h「ね、俺もそうでした。もう凍え死ぬかと思った。で、そこのスタジオが、リズム録りとかはちゃんと東京のスタジオとかでやってたんですけど、ギター録りとかは、僕らのお願いしてるエンジニアさんとこでやってたんですね。…待合室がさ、中庭なのよ」
や「(笑)外じゃん!」
h「中庭って外だよね…!?」
や「明らかに外ですね!」
h「寒くて。ほんとに寒かったな。『ストーブ買ってきて』って、屋外用の」
や「しょうがないから、ここで待てって言うし、と」
h「唯一の救いはね、昼にやってくるハミングバード(笑)ハチドリってやつ」
や「自然と一緒にそこで会話して」
h「でも寒いぞ、と」
や「お前も頑張って飛んでるから、俺も頑張るよ、と(笑)」
h「そうそうそう」

や「えー、でもLAでは他にはなんか、いい思い出はなかったんですか?面白いこと…」
h「いい思い出ね…そんなないっすね。もう朝から晩まで仕事して、ほんとに働きづめですよ」
や「ああじゃあ、結構…。今となっては前になんかHYDEも言ってたと思うんですけど、『今はもうあんまり日本でやっても変わらないよ』みたいな話もよくしてたと思うんですね。やっぱりLAに行くと違うものもありますか?」
h「ちょっとね、正直今のところ音質のところは、TDすまねぇとわかんねぇなっていうところなの。でもシングルはいい手ごたえだなとは思ってるんで。アルバムはフルでリズムから録ってるから、どれぐらい違うかなっていうのは正直聴き比べてる」
や「自分でもまさにこれから聴き比べてってかんじなんだね」
h「そうですね」
や「なんかね、明日なんですよ、いよいよ。ニューシングル、SEASON'S CALLは」
h「(日にちが)明けて今ってかんじ?」

や「あぁ、もうそうですね。じゃぁあの、もう手にしている人もいるんじゃないの的な。今回のシングルでいうと、たとえば何かトライしたことってあるんですか、新たなことでいえば」
h「今回はですね、あの前回のシングルと同時期に録っていたので、そのときのかんじと一緒ですかね」
や「あ、じゃあ、そこからイメージ的には、バンドサウンド的には変わらずで」
h「そうすね、で、そんときにLAからエンジニアとミュージシャン呼んだんですけど、そのときは面白かったですね。あの、リズム録りとかも、なんか遊び心があるっていうか」
や「へぇ~、あっちの人たちも?」
h「僕はとりあえず見たことのないレコーディングの仕方してましたね」
や「え?どういうかんじなんですか?」
h「とりあえず日本で出来る限りアメリカの音に近づけてくれって言ってて、一日音づくりとかでつぶれちゃったりしたんですけど、ドラムと録るのにスピーカー…ちょうどあれですよ」
や「たとえばね、ちょうどこのスタジオに、上にね、釣り下がってますけど」
h「あれをマイクにしてドラム録ってたりするんですよ」
や「ん!?スピーカーをマイクにして?」
h「要するに、構造上は一緒なんですよ」
や「そうですよね、音の振動で…」
h「そうそう。それをドラムに立てて。そのまま全部(OKテイクとして)使ってるわけじゃないですけど」
や「あ、だから実験的なことをかなりやって…面白いですね」
h「面白かったです」
や「あぁそんなこともするんですね、あっちでもね」
h「見たことないですね」

や「それは今までの、ラルクとかでもまずやったことない手法ではあると。はぁ~~。しかもね、この初回限定版はCDとDVDセットになってるお得感。で、未公開テレビ映像のテレビアニメBLOOD+ですよ、これのスペシャルオープニングバージョンも収録されてますよね。だからね、最初に俺こっち見ちゃったから、SEASON'S CALLってミュージックビデオないのかと思ってたんですよ、ビデオクリップ」
h「実はありますね」
や「ありますもんね。実は両方ありますから。まぁとにかくこのCDオイシイ内容になってるんで。それじゃですね、さっそく、まずは本人の曲紹介からこの一曲を聴いてもらいたいと思いますんで、こちらお願いします」
h「SEASON'S CALL」

♪SEASON'S CALL

や「やまだひさしのラジアンリミテッドデジタルクロス、さっそく聴いてもらいましたよ、HYDEのSEASON'S CALL。いよいよですからね、もう言ってみれば今日ですからね、日付変わって。そんなHYDEをゲストにお迎えしていますけれども。本日の募集テーマはね『噛まぬなら噛ませてみせなよ、やまだひさし 早口巻口ワードバーリトゥードゥー!』ということでリスナーが考えたオリジナルの早口言葉を大募集中。ということでせっかくなので、いいね、これやれちゃいますね、今日。『HYDE vs やまだ 早口巻口ワードバーリトゥード!』実際ね、リスナーから来てるんですよ、HYDEが早口で喋ったのを見たことがないと」
h「ああそう?」
や「ねえ?冗談じゃないですよね!?」
h「冗談じゃないですよ、ほんとに」
や「ほんとに、なんでもかんでも自分のそういった部分全て見せてるわけじゃないのよ!」
h「そうそうそう、大体僕を何だと思ってるんですか、ボーカリストですよ」
や「ですよね。そんな、当たり前じゃないですか!!そんなことで噛んだりなんなりしてたらウタ歌えませんよ、そりゃそうですよ」
ス「すごいオーディエンスの前でいろんな言葉を伝える職業ですもんね」
や「びっくりですよ、そんな歌詞なんかね。だからあのー、もちろHYDEは自信あるってことですよね?これね?」
h「はい」

や「あのー、じゃぁもしHYDEが負けた場合は、何かプレゼント…当然…」
h「あ、いいですよ」
や「お!!負けないでしょうけどね?」
h「うん」
や「万が一負けたらということで。…なんですかこれは」
h「カイロ、懐かしくない、それ」
や「あれ、ちょっと、あったまるんじゃないこれ。懐かしい!あれですよね、今の使い捨てではなく、ちゃんとオイルを付け足してずっと使えるやつですよね、これ」
h「環境にやさしくね」
や「あ、やっぱきた!」
h「言っちゃった!」
や「HYDEエコだからね、Re-Styleライブ1回目出てくれてるんだからね!(ECOLOMUSIC"ONE MIC"のことです)そうよ、今日ちょっと嬉しいですね、これを、万が一ですよ、万が一HYDEが負けたらプレゼント。じゃあリスナーの…(早口言葉ちょうだい。)何でもできますよね?」
h「はい、大丈夫です」

後半へ続く
[PR]
by scarletspica | 2006-02-21 23:58 | L’Arc~en~Ciel
こんなものpingトバしたりしませんから
今ね、普及学の勉強してたんですよ
そしたら過去のラクガキに遭遇しまして

「innovation:新しいアイディア、方法、物」の下に
「inorandetion いのらんでしょー」ってラクガキしてありました


………


そんな言葉ないデスカラ…
しかもいまいち似てないデスカラ…

しかも「いのらんでしょー」って 一体何が言いたかったんでしょー…

以上!
[PR]
by scarletspica | 2006-02-21 22:36
FAKE? SHOWCASE II @ LIQUIDROOM ebisu
新生FAKE?お披露目ライブ
SHOWCASE II@LUQUIDROOM ebisu行ってきました★
遅い出足でLIQUIDROOMへ…
ロッカーの配置が変わってたね、ただでさえ数が少なくて有名なのに
ますます使いにくくなりましたね(爆)
グッズは買わなかったけど、なんかマークが入ってたな
ドクロに鍵の絵で、THE SKELETON KEYSだか描いてあった気がする
F?ってデザイン結構良かった …買ってないんだけどね(苦笑

ライブは15分押しでスタート
今回のDJ BASSのプレイは、ネタではなく王道な前振り
BASSくん赤いTシャツにベージュの帽子 少し痩せた?
うーん、わくわくしてきた
そして皆さん登場
そこで私なんで置いてあるギターで気付かなかったのか、
パブロくんが上手なことにやっと気付く
まぁそうだよな、もとからパブロがいわゆる1stギターを弾いてたしな
パブロの髪が爆発してました アフロじゃないんだけど、激しいパーマってかんじで
モリッシーとカオルくんはそんなに変わらず
新サポメンのエリックくんは、ワタシ何も彼について知らないためとりあえずガン見
爽やかさんだなって第一印象(笑)
ふーん、ギターは青いストラトねぇ
そして我らがケンロイド
今日も全身黒でキメてます
というか若返ってた!二年ぐらい前と見た目変わんねー
彼には歳を取るという言葉は縁遠いようだ
ヒゲないし髪短いし、おめめくりくりだし!(笑)

そんなこんなで私の期待通りCLASSICでスタート
さっそくギターに違いを感じる
あえてINORANと比較してしまうと、
INORANのように透き通った音のスタイルじゃなかった
そしてINORANのようにジャンジャンでもなかった
"妥当な"ギタリストというイメージ
他の彼を知らないからなんとも言えないけどね
煽ってたけどキレイな煽り方だったしね
他が個性強いから、そう思っただけかも知れぬ
エリックくんモリッシーと掛け合いしてます
うーん、モリッシー きみはなんでそんなじまんげなの?(笑
そんなあなたがすきです

そんなこんなでTASTE MUXIMUM、HEDFUCと続く
最初っからガンガン飛ばしだなあって思ってました
私は久しぶりのFAKE?に一曲目で疲れてました…(爆
後でKENが「久しぶりのFAKE?でヘタってるんじゃない?」みたいなこと言ってたけど
ほんとに私は既に疲れていた(苦笑

ここで一回目のMCかな?
「昨日うなぎ食べすぎちゃってどうたら~ってこの話は長くなるから後でね!」ってことでした
チケ即日完売、来てくれてありがとうみたいなこと言ってて
なんか今日のKENはやけに素直でむずがゆいなぁと思いました(笑

そしてEVERGLOWが
ワタシこの曲好きだけど、ライブで聴くとビミョウだと思ってしまいます
ノリにくいっていうか、まったりでもないけどノリノリでもないなぁって
いろいろ考えてるうちに曲が終わる
でもまあ人気曲だよね
ファンの皆がイントロ聴いて「わぁあ!」ってかんじになったのが嬉しかった

あれ、KENがギター持ってる
と思ったらSOMETHING ABOUT YOUでした
私はこの曲もしかしたらライブで聴いたことなかったかも
…というかKENがギター弾いたライブを見た記憶がないので
SOMETHING自体はライブで聴いたことある気がするんだけどな
このあたりで「今日はTOMORROW TODAYからの選曲が多いな」と思う
(私はTOMORROW TODAYが一番好きなのでオールオッケーです)

そのあとCANDY
私はこの曲もしかしてライブで聴いたことなかったかもなんで
普通に楽しんでました

ここで2回目のMCかな?
KENさん?ツアーが終わって、ヒゲをそってみたらしい
そしたらすごく太っていたらしい
モリッシーに「KENさんそんな顔でしたっけ?」と言われたらしい(笑
やばいと思いダイエットを始めるKEN
そこで挑んだこんにゃくダイエット
しかしこんにゃくの調理法がわからない彼は、ドレッシングを買いあさったらしい
KEN「とりあえずこんにゃくゆでてー」って言ったら
ファン「おぉー…」 感心されてます(私もしましたが)
KEN「オレのことなめてない!!?」
すみません、生で食べちゃうかと思ってました…
で、エバラの焼肉ドレッシング?かなんかでGOしたらしい
KEN「クソまずくて!!」
そりゃそうだ
今、KENの冷蔵庫にはこんにゃくがいっぱいらしい
KEN「今度のアルバムの初回特典にしようかな、ほしい人ココまで送ってくださいみたいな
なかなかいいこと思いついたと思うんだよね、12週連続シングルなんかより全然イイよ」
みたいなことを言って、だからMCカットされちゃうんだよねーって
あきらかにファンサイトとか見てるだろな発言が素敵でした
KEN「今日はこのへん(ほおの辺り)にうなぎがついてるの」
今日のお顔には満足いってないようです
大丈夫、KENさん若返っててカッコイイよ!

とうとう新曲のお披露目です
KENさんお得意の変態曲(笑)、というか変調曲
JUST LIKE BILLYのようにわかりやすい変態曲ではなく、結構ムリがありました(爆
まだまだ発展するだろうなってかんじかな
Aメロ?がね、acid androidのなんかの曲
(DVDのメンバー紹介のウラでかかってるやつ、タイトルわからん…)に
リズムそっくりでやけに印象的でした

そして次の曲へ…イントロが流れた瞬間、観客からはあからさまなどよめきが
DREAMLIFE 6:13です
皆この曲がどういう曲かは知ってるくらいには充分FAKE?オタだってことですね
まぁKENとINORANが初めて合わせた曲で有名だけど
私はとりあえずモリッシーガン見でした…このベースラインが気になっていたので
そしてKENがこの曲を選んだ意味を考えていた
私が思ったのは、この曲は「はじまりのうた」なんだってこと
KENはとてもよく歌い上げたと思う
そしてDJ BASSくんグッジョブでした
Sometimes I wonder when I'll be waking upってとこのBASSくんのアレンジ
音をキレイにLRに振ってたんだけど、最高でしたね
この曲もTOMORROW TODAYのツアーで一度聴いたことあったけど
なんか今回聴けてほんと嬉しかった、大好きな曲だから

そしてもうひとつ新曲
今度は王道ポップス?
ああ、こういう曲、KENつくれるよねって思った
高音がとても伸びよく出ていて、KEN歌うまくなったなって思いました

ここで3回目のMCかな
KEN「新曲はお口に合いましたでしょうか?」って気取った言い方で
覚えたての日本語のように言うあなたが愛らしいです
エリックくんの紹介はこのへんだっただろうか
もっと前かも
KEN「もうみんな知ってるみたいだけど」
ワタシはなにもしらないよ…(苦笑
KEN「あま~いイイ声してるんだよね」
そんなアナタもイイ声してますよ…
KEN「いつの間に国際バンドになっちゃって」
あ、ほんとだ そうだ、パブロはすっかり関西人認定してたよ(爆
KEN「(モリッシーを指して)中国人もいるしね」
ち が い ま す !ってかんじのモリッシーがよかった

この後のPULSEは個人的にはなんともビミョウな(笑
あれ、テンポ遅くない?
CDのほうが速くてガンガンいけるのにってかんじでかなり困ってました

そしてSOMEDAY、HATE IT
このあたりはワーイ!!って思ってめちゃめちゃ暴れます

4回目のMC
ほんときてくれてありがとうみたいなことまた言って、
KENさんあたし調子狂うよって思いつつ、そんなKENの想いが身にしみました
KEN「そんなみんなにこの曲を贈ります」って何!?
いつもいろいろ予想して、やっぱこれじゃーん!みたいな私なんですが
今回は全然わからなかった
TASTE MAXIMUMもやっちゃったし、DREAMLIFEもやっちゃったし、
前回そうやって贈られた(笑)HATE ITもやっちゃったし

そしたらイントロで一発
OBLIVION DUSTのYOUでした
観客に超火がつく
私にも火がつく
私はオブリのファンやってたわけではないけど、FAKE?好きになってオブリも聴いていて大好きで
オブリも見てみたかったなって思ってた
そこでYOUやって、おお!って思ったら皆がすごい押し寄せて
オブリから好きな人はほんと嬉しいんだろうなって思った
私ももしかしたらオブリのライブのような雰囲気が味わえるのかなって俄かな期待をして
思いっきりFUCK YOU!!って言っていた
正直あれがオブリのライブの雰囲気ではなかったと思う
すごく一時的な夢で
だってその後にやったUTOPIAのほうが観客全体として盛り上がってたから
皆FAKE?求めて来てるんだって思ってすごく嬉しかった

そんなUTOPIAでしたが
やっぱこの曲イイネー またライブで聴きたい

ラストはDREAM CATCHERで
いつの間にこの曲がラストを飾るようになったんだなぁと思いながら、それもいいか、と
TASTE MAXIMUMとかSOMEDAYとかで終わる王道なかんじが好きで
だけど、4thアルバムとかからそういう代表曲みたいのが出てくるのもいいことだと思う
DREAM CATCHER、楽しかったよ

でもまあ総括して言うと、このライブっていうのはFAKE?のオイシイとこを詰め込んだライブで
楽しいのは当たり前、という気がした
結構好きな人が多いCLASSICでの始まり方で、
皆が暴れたいTASTE MAXIMUMやSOMEDAY、UTOPIAを漏れなく入れて
皆の人気曲や期待曲の
EVERGLOW、SOMETHING ABOUT YOU、DREAMLIFE 6:13あたり入れて
最近のライブで欠かせなくなってるHATE ITやDREAM CATCHER
それにお楽しみ要素として新曲とYOUやって
楽しくないわけないよ、皆ずっとFAKE?待ってたオタたちが集まってるんだし
ある意味すごく自慰ライブな気がした まぁそれを求めてたわけでもあるんだけど
私たちはこれからもFAKE?のライブを見て楽しかったと言うだろう
でもそのひとりよがりさに、少し孤独をかんじた
選曲うんぬんではなく、このままのライブをやり続けたら、
FAKE?はほんとにひとりよがりバンドになってしまう、と思った

考えてみたら、なんていうのかな、その今までのFAKE?にあった冒険的要素っていうのが
やっぱり、”KENとINORANがやる”ってところでうまれてたんじゃないかと思うんだよね
どっちが運んだわけでもなく
KENやKENのファン(あるいはオブリのファン)だけでやったら
もっとキャパとかも小さかったかもしれない
そしてモッシュやダイブのあるアツいライブで
INORANやINORANのファン(あるいはルナシーのファン)だけでやったら
キャパももっと大きかったかもしれない
そしてやけに整然としたライブで
それが相まって、今までのFAKE?ライブのスタイルがあったわけで
確かにお互いのファンの間で批判し合ったりしてたのは知ってる
けど、その価値観が合わなかったりするのも、
冒険的要素が混ざりこんだというふうには言えなかっただろうか
今まで自分たちがつくってきたライブ空間じゃない客層の中で
いかに全体を盛り立てられるか、その挑戦がいつもFAKE?にはあったと思う
それがやっぱりKENだけになって、確かにチームFAKE?ではあるんだけど
そしてまとまりだって前より絶対あるはずなのに、
とても予定調和のようで、すごく楽しいのに、盛り上がったわくわく感みたいのは全然ない
そう陥っていってるような気がした

だから、ニューアルバムとライブの告知があったけど私は結構不安
ファンも、FAKE?最高、楽しかった!って思うのはいいけど、
何もこれからの課題がないように考えてしまうのはちょっと違うと思う
何か問題提起してライブに来てくれたらなって思う
まぁあたしがFAKE?ファン仕切るようなことを言うつもりはないんだけど
FAKE?ほんと好きだから、なんかもっとすごいとこ目指せる最高のFAKE?にしたいんだ

さらに思ったことがあって
今回、ステージと客との一体感は良かったと思う
ほんと、こんな近くに感じたの、私が行ったことあるFAKE?ライブでは今までで一番だった
けど、ステージ上の一体感に関しては疑問を感じた
O-EASTやAXよりも狭いステージでやってるのに?
なんでメンバーの皆さん、私たちには語りかけてくれるけど
メンバー同士ではそのあたたかさをかんじないの?
そう思ってしまった
それは新しいサポメンがいたからだろうか、立ち位置が今までと違ったからだろうか
何か違う、私たちを盛り立てようと必死だったのはわかるけど
私はステージ上のチームFAKE?にもっと楽しんでほしかった
何が違ったのかはわからないんだけどね、
もしかしたらバンドグルーヴを引っ張っていたのがINORANだったのかもしれないな

そんなかんじで
うーん、私はINORANオタでもあるから
やっぱりINORANに偏った意見をしているのかもしれないけど
INORANオタより前にFAKE?オタだから
INORANオタがINORANナシでやったFAKE?ライブが楽しかったことに
納得いかないみたいなかんじでこの意見を受け取られないといいな
私はただこれからのFAKE?をもっとかっこよくしたいだけだし

というわけでFAKE?のニューアルバムとツアーが決定!
アルバム、2006.5.24 SONGS FROM BEELZEBUB
ベルゼブブは聖書用語のようだ、魔王とか悪魔とかそんな意味
KENのアルバムタイトルってよくわからないのとか長いのとか多いよね(苦笑
そしてツアーは
6/27 心斎橋クラブクアトロ
6/29 名古屋クラブクアトロ
7/4 リキッドルーム恵比寿
やっぱ今までより狭いとこでやるね
名古屋あたりまた遠征しようかな
つーかリキッドルーム恵比寿ビミョウだなぁ
あそこハコとしては好きだけど、整然とされずぎてる
KENはもっとごちゃっとしたっていうか、味のあるライブハウスが似合うよ
というか、KENがMCで
「前に春ごろにはライブしたいなって言ったけど、春って7月とか8月とかまでだよね?」
って言ったけど、ツアー、思ったより早いじゃないですかKENさん(笑
ほんとに夏にやるかと思ったけど

さて、ニューアルバム
ノールールのはずのFAKE?に知らぬ間に縛られてたのはKENだったのかINORANだったのか
あるいはどちらでもなく、時間がそうさせてしまったのか
期待してるよ、ケンロイド
[PR]
by scarletspica | 2006-02-10 22:01 | FAKE?
Tourbillon春5デイズ最終日人気&ラジオレポしました
そういえば、昨日NO NAME?からメールきてた気がする
Tourbillon 4/28公演の優先枠を上回る申し込みがあったので、抽選になりましたって

…とっても申し込んだ気がしています(苦笑)

INORANさんはとことん私を遠ざけたいらしい(違うだろ
というか最終日だけ申し込んだ人が多いのでは…(爆)

***

というわけで?まったく関係ないですが久しぶりにメディアレポ投下
私が初めて聴いたTourbillonのラジオ、
2005年10月30日 TRD Driver's Meeting(←リンクしてます)
車オタクのトークです
3人の乗っている車は?3人の車選びのこだわりとは?
ただのオタクトークなはずなのに華麗なトークになっているのがポイントです(笑)
ぜひ楽しんでください
[PR]
by scarletspica | 2006-02-04 18:44 | Tourbillon
トップページ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
掲載ライブ・イベントレポ
★一覧表はコチラ★



最新のトラックバック
AUDIO ACTIVE
from = 馨 =
L'Arcafe行ってき..
from ign.
こんにゃくダイエット実践..
from ダイエットでカロリー、血糖コ..
OBRIVION DUS..
from NOTHING OR EVE..
Tourbillonライ..
from 拉麺日記
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧
お知らせ
<管理人>
結城みづな
L'暦8年/FK?暦4年/INO暦2年
SID歴半年なのでご愛嬌下さい
kenとINORANとゆうや贔屓
excite ID:scarletspica

<連絡先>
scarletspica★excite.co.jp
★を@に変換してお送り下さい

レポート記事の著作権について当サイトは、提供元を明らかにし尊重しつつ、音声を文字起こししたものは、提供元の著作権との関係では、掲載許諾の範囲と考えております。また、文字として公開されている媒体に関しては引用の範囲を超えないようにしているつもりです。何かご意見がありましたらコメント又はメールでお願い致します。

トラックバックのガイドライン
基本的に記事の主旨に関連した記事へのトラバは歓迎しております。関連性が薄いと思われたものに関しては予告なく削除させていただくことがありますのでご了承ください。

過去の副産物(ブログステッカー)




お持ち帰り自由、直リンク不可