忍者

TOOLS
L'Arc,FAKE?,INORAN,SID etc.のメディアやライブのレポ中心ブログ
2006.10.13 INORAN photograph TOUR@Shibuya O-EAST
なんか記憶が曖昧です
というのも今少し酔っているせいと、ちょっとあんまりいい場所で見れなかったせいでもあります;;
でも簡単にレポります

***

今日は最終日ということで皆気合入りまくりです…(苦笑)
200番台だったのに300番台だった初日より後ろにしかポジション取れず&
なんか皆さん必死です…こわいです…

本日のセットリスト(東京2日目と一緒)

numb

identity
Won't leave my mind

MC

Felicidad
Lyrical rampage

MC

in dry times
room
想 reagganged
Broken window

MC


Can you hear it?
STK
come closer
raize

***

覚えていることだけ書きます

・本日もWon'tとraizeでギタリストINORANです★
・そして本日も白シャツ黒ジャケ、ジーンズと、乙女心をくすぐるスタイルです
・identityの盛り上がるところで白幕が落ちるのも変わらず
・ちなみに本日はビデオが入っています、観客そんな撮らないでください…恥ずかしいんで;;

・前から2週間あいたのでライブが恋しかったというINORAN
・こっ、こ、こ、恋しかったとか言わないでください可愛すぎるから…(動揺)

・Felicidadはやはり特定の誰かに向けて歌っているのでしょうか、
誰とかはわかんないけど、私にはなんとなくそう聴こえる
すごくあたたかみがあっていいけれど
・Felicidadで黒ジャケ脱ぎました、うふ(怪)

・MCにて「(INORANも客も)今日カタくない?」ってカオルさんに言われたと話すINORAN
・確かに今日はなんかずっとカタかったです、カメラ入ると撮られてるモード入っちゃうんじゃないかな

・今日のトーク担当はカオルさん
・「ジャンケンずっと勝ってきたのに一番やりづらくない?」みたいなことおっしゃってました
・「最近どうですか?」というINORANに、「その質問一番答えにくいと思うんだよね」
・INORAN「そう思ってワザとやってるんですけどね(笑)」
・君はカオル兄さんにもSなのかーー!!(笑)

・INORAN「カオルくん、今後はどうですか?」
カオルくん「今後はぼちぼち…」
INORAN「お好み焼き屋かい(笑)」
・だからカオル兄さんにまでSにならないでください…!(笑)

・in dry timesの「日陰なんていらない」のところで走るマネしてました
・↑わかりにくいと思うんですがすごくかわいかった
・in dry timesでBASSがビデオカメラ持って遊んでました、いろいろ撮ってました
その後レコードの上にカメラを放置したため、カメラがぐるぐるしてました
・そうなんです、今日はなぜかBASSばかり見ていたんです(苦笑)
・だって彼が面白い感じでときどき踊るんですもの
・そういえば手拍子をINORANがして、客もしてたのはこの曲だったかな?

・メンバー紹介、ナラさん、ジュウイチくん、オミさん、ベース、カオルくん、の順です
・BASSは今日はロクロを回してるらしい(笑)
・BASS「(INORANに)アナタ今日もカッコイイわよ」
・INORAN「アナタもカッコイイわよ」
・BASS「ありがとう」
・INORAN「どういたしまして」
・BASS「……信じられないわぁぁあ」
・またまたそういうタイムリーネタを…
・ってか信じてくださいよベースさん(笑)
・個人的にINORANのアナタもカッコイイわよ、がかなりツボです、
君たちいつもそんな風に会話してんのかい…
・BASS「今回もいっぱい雨を降らしてくれました、今日は晴れたけどね、INORAN!」
・私的には世界最高に雨の似合う男INORAN

・ナラさんが5弦ベース弾くのはCan you hear it?でした、うーんステキ★
・INORANもノリノリです、ナラさんと背中くっつけて歌ってます
・STKからはずっと平和な雰囲気で会場全体明るくしたり楽しげでした

・本日のアクシデントはまたまたcome closerです
・ん?なんか音足りない?っていうかギターの音薄い?とか不審に思っていたら
・INORANさん歌入れません!っていうか楽器隊もどんどんバラバラになっていきます!
・立て直せなかったINORAN、ストーップ!(のボーズ、がちょっとおふざけで面白かった)

・仕切り直しです、でもやり直してもなんか変だったね(笑)INORAN変調してたし
・INORANさん、笑って誤魔化してもだめです!(笑)オミさんとワンマイクで歌ってもだめです!
この曲はリベンジしてほしかった、
DVDつくるなら大阪の映像とかあてがってほしいぐらいひどかったよ、実は
・でもcome closerのカオルさんんぼドラミングはかなーり冴えてました!!キレがあったというか
・曲が終わった後INORAN「今日のアクシデントはどうでしたか?」
・みんなキャーキャー言ってましたけど私はちょっとがっかりでしたよ(苦笑)
・ってかCome closer、いい曲だけど
INORANの音域にしては歌メロが低すぎるのが原因では?と今更思った
彼自身かなり喉を伸ばして頑張って歌っていたし
・つーかINORANスタンドにはめたはずのマイクをドカンと落としてましたよね、
はっちゃけすぎです(笑)

・raizeはなんだかんだ幸せいっぱいで満面の笑みで見てました♪この曲いいです
・なんかでもイントロのギターが2本入る前が長すぎる気がします
一曲目ならいいのかもしれないけれど、ラストに持ってくるならアレンジしたほうがいい気が…

・帰りは二階に行くのが規制されてたんですが、
○○さんがいたらしいとか、××さんがいたらしいとか、なんかいろいろウワサだけはあるようです

***

全体的にどの曲と言うわけではなく、今日はオミさんがかなーりよかった気がします
なんかの曲の間奏のアレンジとかすごくよかったんですよ
もちろん冴えに冴えまくってるナラさんのベースとかは私いつも好きですけど
オミさんがイイ味出してるなって思ったのは、
雰囲気では今までもあったけど、音的には今日が初めてで新鮮でした

あと今日はINORANがやけにピースをしていた気が
なぜにピース?とちょっと思いつつ、
いろんな場面でピースしていたのでDVD映像化されたときには要チェックです

そんな感じで今日もカオル兄さんと仲良しなINORANでした★
INORANいわく、「INORANと愉快な仲間たちをこれからもよろしくね」
いえいえ、こちらこそ。。
INORANが客にありがとうと言ったときの微妙にテレをごまかしたような、
そんなぶっきらぼうさが無性に心に残っています
こちらこそありがとう◎

***

今日はなんかちょっと自分的に相性の合わない客の近くにポジション取ってしまって
最初のほうとか結構戦ってたかんじでツラかったのですが
なんだかんだ結構ライブ本編の内容覚えてましたね(笑)よかったv
特に特記してない曲は私が聴き惚れてたかノリノリだったかどっちかの曲です

ファイナルはライブのクオリティとしては徐々に上がっていくものだしイイんだろうけど
客とか雰囲気とか総合的にみると
私が一番楽しめるのがファイナルだとは言えないかも;って思いました
なんか前で見たいけど、場所取り争奪戦みたいなの嫌なんです…今日はそうだったからちょっと残念
ちょっと後ろ下がったらイイカンジだったけど、これじゃあ中音聴こえないじゃないかーという。
ナラさんの中音が聴きたかったのに…!
でももちろん楽しかった部分もたくさんありました
なによりINORANをみて、やさしく、まっすぐな気持ちになりました
あとギタリストINORANが私はやっぱり好きでした
そしてなんとなく、FAKE?のINORANがみたくなりました
でもFAKE?は今のFAKE?も大好きだから、こんなこと言うのはバカげてる気がしました
でもやっぱり、流転を弾くINORANが好きでした


photographのCDの
ギターの、一音いち音を聴いて、もう一度INORANを確かめたくなりました

***

本日の購入品(あえて低画質) ポストカード&ロト×1

c0046447_2362823.jpg






このポストカードの全身写ってる
INORANがすてきなのですよ
***

ああ、わたしも、あなたの音に溶けてしまいたい。
[PR]
# by scarletspica | 2006-10-14 02:28 | INORAN
前に進む日、あなたの生まれた日
INORAN, HAPPY BIRTHDAY!!

& THANX 25000 HITS★

***

INORANと、このブログをご覧くださる皆さまに限りない……ありがとう。

***

INORANツアー東京2デイズレポはこちら→ 2006.9.262006.9.27
[PR]
# by scarletspica | 2006-09-29 03:02 | INORAN
2006.9.27 INORAN photograph TOUR@Shibuya O-EAST
なんか私の昨日のレポひどいですね;;
言葉が足りてない…っていうか一行打つのに数分かかってましたけど
なのにまた酒飲んでるってほんと飲ベェでどうしようもないです(苦笑)
昨日のレポについては追記するかもです

***

で、本日のShibuya O-EAST二日目。。
またやってしまいました、当日の行きたい病…
去年はTourbillonで突然厚木に見に行きましたけど
うーん、さすがだな、自分(笑)
チケをお譲り下さった方には感謝し切れません

今日はまたまた昼までは雷も鳴るような雨っていう絶好のINORAN日和で!
夕方には止んでよかったですね

昨日と同じ10分押しスタート

*numb
DJ BASSの前座プレイ?白スクリーン(ステージ前)にVJが映っていましたが
その映像は…まぁINORANのいつものスローヒップホップなかんじかな(何)

*identity
盛り上がるところで幕が下ります、一曲目からコレってかなりイイです!
私も一気にボルテージ上がりました
今日のINORANさんは白シャツにジーンズに黒いジャケットです
全く予想通り白シャツに萌えてしまいました…(苦笑)

*Won't leave my mind
流転ギターを持つINORAN、今日はギターも好調のようです♪
楽器を持って彼がノリノリなので私もますます楽しくなっちゃいました

MC
盛り上がってますか~?とか変な声で言うネタは昨日に引き続きです
昨日も楽しかったけど今日はもっといいライブにしたいってさ

*Felicidad
INORANさんが音程取ってるのか動かす手になんとも言えないいとおしさを感じました

*Lyrical rampage
もう序盤からノリノリですね!

MC
ありがとうとかいっぱい言ってました
あ、アルバム買った?って言って返答に対して「少なっ!」って言ってました
これは昨日もあったんだけど、とにかく「いっぱいいっぱい聴いてください」だそうです◎

*in dry times
カオル兄さんのコーラスがほんとよすぎるー
私アルバムだとこの曲は流し曲かなって思っていたけれど、
ライブだと、「その鮮やかな色 見つけて♪」のところが最高に萌えポインツだということに気づき。。
皆さんもそこ注目してみてください(笑)

*room
すごく心に響きます

*想 reagganged
激しくなるところでINORANさん頭振りまくって、髪の毛がボサってるのに可愛くて
そこでファンを増やしちゃうなんてINORANさんはずるいと思いましたー(笑)
そういえば入りのところはBASSが最初音を鳴らしてから、
カオルさんがカウント入れてオミさんのギターが入るかんじだったよ

*Broken window
ジュウイチくんのアコギを聴いてください!
やさしい気持ちになってください

MC
開演15分前に皆が血眼になってジャンケンをした結果今日はジュウイチくんが喋ることに
「ネタ考えてたんだけど、全部忘れちゃいました?なんかききたいことある?」
ここで前のほうにいた男性のお客さんが
「今日何食べたー?」→「シャケ弁、あそこの美味しいんだよね」
「好きな女性芸能人は?」→「それは答えるのに困るなぁ」
「好きな色は?」→「えーどういう色かにもよるしなぁ」
「服で!」→「えー、予定外だよこんなの」
ということで考えとくってことでってINORANがフォロー出してました

*嘴
「それぞれの呼吸よ 鳴り響け / 揺るぎなき 大地のmelody」ってところがライブでかなり好きです
INORANが口パクで「鳴り響け」と「melody」って言ってるところがなんとも◎

*Can you hear it?
これは昨日はやらなかったナンバー
ダメメロと思いつつこの曲はすっかり愛してしまっています
このドラム難しそうだよね、カオル兄さんすげぇ!

*STK
ノリノリ♪かなり私たちに歌わせてました
モニターにジュウイチくんと座って、INORANがよっかかってたのはこの曲だったはず

*come closer
もう皆、場景反射的にこの曲が流れると、ラスト!??みたいなことろがあるからか
すんごく盛り上がってたよね
私も横ノリで楽しませていただきました
INORANはお客さんの声が聴きたかったみたいで、イヤホンをはずしてマイクを向けてました

MC
メンバー紹介
◎カオル兄さん、一言どうぞ、に「……いや、いいや(^^;」
◎ナラさん、恥ずかしがって喋ってくれません(><)
INO「ナラさんは機嫌が悪いと喋らないんだ。…いやいや、機嫌いいから喋んないの」
◎ジュウイチくん、ネタが思いつかない様子
INO「最近調子はどうですか?(笑)」→「まずまずかな」
あら、まずまずですか;;
◎BASSは今日も寿司を握っているらしい by INORAN
客がBASS!!って声をかけてるのに「うるさいんだよ」ってマァ(笑)
その後INORANさんとの謎の掛け合い「井上さぁ~ん」「山内さぁ~ん」が再び!
(去年のNO NAME?の忘年会のときにこんなことあったとどこかのレポで読んだ気がします)
「ちょっと盛り上がりに欠けてるんじゃない?」みたいなことを言っていた気がします
何かセリフを打ち合わせしてたみたいだけどINORANが言葉に詰まっちゃってコント終了(苦笑)
INORAN「続きはこれからのツアーのお楽しみで」
◎オミさんはギターを掻き鳴らしてくださいました
◎そして世界最強雨男INORAN by DJ BASS
「あ、またすごい嵐だったよね、ごめんね。。」
まさか二日連続で謝ってくださるとは思いませんでしたよ、ワタシは!
INORANに謝られては、許すしかないよね

それから私たちへ感謝の言葉を頂き、スタッフに皆で拍手しました
今日の拍手はほんとに皆感謝してるって感じですごくあたたかかったな

INORAN「最後の曲です、盛り上がっていけるかー!あ、俺ギター持つからちょっと待ってね」
くそぅ、この人どんどんファンにやさしすぎるよ…なんでそんなフレンドリーなのさ!

*raize
INORANがギターを持つとやっぱり私のノリ方も変わってきます
INORANがギターでノッてる姿が大好きなんだと思う
「躊躇わず 飛ばしていこう」
本当に、そう思いました

最後ピックを投げてました、どうやら前にいた例の男性に投げたようです
うーん、INORANちゃんご機嫌すぎですよ!!

終了時刻 20:40ごろ、1時間半ほどの幸せなときでした★

帰り際カオルさんが関係者席に顔を出していて、
一緒にいた子が声をかけたら素敵に挨拶してくれました、カオルさんまじイイヒト!!

帰りにグッズ販売を少しのぞいたところ、
限定品以外でパンフとロトが売り切れていたようです
ちなみにパンフですが昨日がA,Bの販売、今日がB,Cの販売でしたよ

***

某数字ちゃんねるとかではINORANの下着が見えたとかなんちゃらで
大騒ぎだそうです(そんなに騒いでないだろ・笑)
私は今日は上手側後ろめでまったりだったんでそういうの見えませんでしたけど
どうやら自分も見えそうなの知ってて、直そうとしていたらしい
いいじゃないか!下着の一枚や二枚くらい…
あ、いや、やっぱINORANさんだとなんか恐れ多いっす(笑)

あと上手側二階をものすごく誰かピンポイントで見てたなって思ったんですが
ぱいろさんがいたとかいうウワサもあるようです、まーウソかもしれんけど

いやー真ん中あたりの曲順が間違ってるかもしれませんが
こんなかんじで、今日はほんとすべてが調子よかったって感じましたね
曲順が昨日よりよかった、identityでいきなり火をつけ
さらにINORANギターでWon't leave my mindっていうのは
もう今日はどういうノリでいこうとか迷ってる暇なく皆ノッちゃったってかんじ
あー最高だったー

あれ、昨日、今までのINORANライブで一番最高だったよ(><)って書いたのに
はやくも更新!??
いえいえ、どちらもイイトコがありましたので… 二日間行ってよかった!!
これからは大人しく勉強して、他の皆様のレポを楽しみにさせていただきたいと思います♪

***

c0046447_1422854.jpg

<右側>
チラシ3枚(アンケート、スニーカー情報、NO NAME?会員募集)
ロトの中身でピンバッジ(黒、ピンク)とピック(白)、あとraizeのDVD
<左側>
パンフA
ロトの中身で上から27日の写真側、26日の文字側、26日の写真側
[PR]
# by scarletspica | 2006-09-28 01:46 | INORAN
2006.9.26 INORAN photograph TOUR@Shibuya O-EAST
朝ですが酔っていますが気合でレポを書きます
ign.の名にかけて(そんなものはない)


DJ BASSのSEとしてnumb

raize
identity(盛り上がるところで幕が下りる)
Felicidad
Lyrical rampage

MC
ありがとうとかなんちゃら~、今日はジャンケンで負けたオミさんが喋るとかなんとか

in dry times(カオル兄さんのコーラス!)
room?
嘴?
Broken window

MC
半分過ぎちゃいましたよ

won't leave my mind
I wish I had never met you
想rearranged
Come Closer

MC
メンバー紹介
ジュウイチさん「こんな小さいときから~」昔のネタ使い回しです(笑)
寿司握ってるBASS by INORAN それに対しBASS「んなことないんだよね~」
世界最強いじめっこINORAN by DJ BASS、INORAN「これからもいじめっこで(笑)」

STK

***

終始中音が聴こえなかったらしいINORAN
ナラさんも音上げてのポーズしてた
Come CloserではINORANはギター弾こうとしたけど
やっぱ中音が聴こえないということで断念してた
でもINORANの声はすごくよく出てたし、かなり感動しました
盛り上がってないとINORANは煽っていたけれど
どちらかと言うと聴き惚れてたってかんじだったと思います、少なくとも私の周りは

相当前で見れたし、私的に絶好のポジションの
ナラさんのベースの中音がモロ聴こえる場所で見られてすごく楽しかった
INORANのファッションチェックまでバッチリ
パンフのTシャツに迷彩パンツ、黒のブーツイン、ネックレスはいつもの十字架とマリア

とにかくINORANがこんなにライブで伸びやかに歌うとは思わなかった
楽しかった
舞台にはTVが10台あってVJ流したり、やっぱそのあたり
視覚と聴覚とかなりこだわってるなっていうのがよくわかりました

酔ってるのでINORAN最高としか言えません
でも今回のライブは私が見たINOソロのライブで一番良かったのは間違いない

***

あ、間違ってロト二回買っちゃった
そして二回ピンバッチひいちゃった… 触った瞬間わかるあたり鬱。。
[PR]
# by scarletspica | 2006-09-27 07:44 | INORAN
INORANさんのアルバムphotograph買いました&cast読みました!!
というわけで待ちに待ったINORANさんアルバム!photographを買ってきました
私はタワレコさんでとりあえず買ってきました
あと新星堂でも予約していますが、お金とかリミックスの皆さんの評判次第で…

***

その前にcastを読んだご報告、というか気になったところだけ。。
もしかしたら音楽と人と混じってるかも…

・休みなのにcastの取材を入れてくれたらしい
・Tokieねえさんのベース、かなり気に入ってるようです
・Tourbillonの曲を、シングルとカップリングとアルバム含め16曲中8曲書いたINORAN
・しかもphorographに収録の曲もいくつか駆け込みで書いています
・インタビュアーさん、INORAN=寡作ではないね、と言う
・「ここのところはね」
・今後は保証できないのがINORANさんらしいです
・だいたいこんなに曲書いたり活動的なのなんて…
・「ねぇ、今の自分は多分偽者ですよ(笑)」
・↑なんかこの発言がものすごく気に入りました
・FAKE?を辞めた理由を改めて訊かれ「やっぱり音楽性の違いですね」
・うん、やっぱ私もそうだったんじゃないかなってなんか思うよ
ふたりのその後のつくったものからみえる、
その先に求めているものはやっぱKENとINORANでは全然違う

まぁどのインタビューでも共通しているのは
INORANはなんだかわからないけど確かにあるこの先にあるものや夢をみつめて
しっかり前に進みたいと思っているということ

***

えー、ここからはネタバレっつーか、これから買う方は読まないほうがいいかもしれません
楽しみ半減っていうか…うん、ほんと楽しみ半減だと思います
あと、私の勝手な意見とか読んでげんなりしそうな人も。。





***

まずアルバム開封…っというところでさっそく
きたーーーー!!!

I N O R A N 手 書 き の 歌 詞

電車で開封したので公衆の面前でひとり怪しげな笑みを浮かべてしまったではありませんか…
なかなか恥ずかしかった…けどこれはニヤニヤせずにはいられないです
すべての歌詞をINORANが書いてるんですよ!
当たり前ですけど、なんか書いてるとことかリアリティ溢れるかんじに想像すると
迂闊にも萌えてしまいました…
だってなんか今回のINORANさんの歌詞率直で恥ずかしいんだもん
もちろん率直に書くっていうのはすごくいいことだと思うんですけど
うん、まぁ必要の無いところで私が照れてました(苦笑)
ちなみにいまだにあの歌詞カードは直視できていません!

そしてCD再生
raiseはPV試聴でサビは知っていましたが、やっぱこの曲のサビ、いいっすね!
なんか…FAKE?の雰囲気を残しているね、前奏とかかなり
まぁこの曲は好きだ

次。
identityはトリビュートアルバムで聴いているのでとりあえず飛ばし。。
でもトラックダウンし直したほうがよかったんじゃないか?と思った
入りのベースがもっとデカイほうが絶対いいよ
なんか急に勢い止められちゃったかんじになってて勿体無い…

Lyrical rampage、これね、かなり好き
っていうかこういうのに弱いのよ、ベースラインとか毎度のことこういうのばっか聴いてるから
もう「あ゛-自分のド真ん中きちゃったよーー」ってかんじ

Broken windowは、「うわ、なにこの平和な曲(笑)」みたいなのが第一印象でした
BASSくんの音がない曲もあるっていうところが大きいかな
割と小技使わないで勝負してる曲ってかんじかな

In dry eyes。
うわーBASSくん使わなかった後はBASSくんでゴーゴーですか!?っていうイントロだよね
この曲のベースがすき。
うーん、この曲はさらっと流し曲というかベースのための曲ですな

numb
インストきたー!これはINORANオフィでもプロトタイプが流れてますけれど
サイトのよりはかなりいじられてますね
遊び心満載とでも言おうか。
個人的にはサイトで流れてる曲の状態のほうが好きです
もっとシンプルでサブリミナル効果もたらしそうな雰囲気のほうが向いていると思ったんだけど
というわけで私はサイトの音をキャプって聴いているほうがお気に。

そしてライブですっかりお馴染み、room。
今まで歌っていたのとときどき歌メロを変えていて、なかなか慣れませんが
期待は裏切らない出来かも
伸びやかな歌い方とアレンジにしたのが効いてると思います
今まで聞き取れなかった歌詞がわかってよかったです、ともあれ。

想、1997年のリアレンジ
これはもう去年の暮れにFCで買った時点で感想を書いているしな
相変わらず入りのギターは悶えるほどに好きです
前半のギターも死ぬほど好きです

STK、これもライブではお馴染みですが
ライブver.よりまとまっちゃったかなって印象
手遅れになる前に~♪のとこのRから聴こえるギターとかちょっと馴染まない気もするけど
たぶんそれは私がこの曲を好きすぎて、Another Roomに入ってるSTKを聴きすぎたからだろう
この曲はもうちょっとINORANの声を前に出してもよかった気がするけど

最後、嘴。
なんかこれ前奏聴くたびにCan you hear it?と似てない??と思っちゃうんだけど
まぁ前奏だけなんだけどね
歌詞が難しい、けど多分
飛び立ちたい心(鳥を連想)と呼吸して生きているということから嘴なのではないかと、うん、なんとなく
あまりよくわからない
そして一番掴みどころもわからない曲

そうして私はよくわからないという疑問を抱えたままこのアルバムを聴き終える
…で、よくわからないからもう一度最初っからリピートしちゃうんだよな
はっ!!これはINORANの策略か!!(そうなのか?)


そう、そして本当の最後の曲がありましたね、タワレコ限定roomリミックス。
イハシナルヤさんという方がリミックスのよう、すいません私こういうの詳しくないです
でも曲自体はもう実は本家roomより好きよ!っていう
こういう音好きなんですよ、ドラムの打ち込み具合とかストリングスみたいのとか全体のバランスとか
はっきり言って予約してるけどタワレコ版買うのどうしよ~とか思ってる人がいたら
(ほとんどいないと思うけど)
あのー、絶対買ったほうがいいです
この曲は聴く価値あります、恥ずかしい言い方ですが、ハッピーになります
ほんとに、そんな世界観。

***

というわけでライブが楽しみですね
まぁ総括して言えば、期待通りであり予想通りっていうか、
全体の雰囲気としてはroomやSTKを聴いたことがあれば、
そんな雰囲気が全体に満ちてると思ってもらえれば間違いないってかんじで
いい意味で前作よりは大衆化したというところかな
もっとマニアックに走ったINORANも聴きたいけど、これもすごくいいと思う

個人的には、クレジットのOfficial H.Pに少し萎えました…(笑)
(HPという言葉は日本語英語で、英語ではweb siteとしか言わないのです…)
[PR]
# by scarletspica | 2006-09-24 22:11 | INORAN
チケットの憂鬱。
うひゃひゃ、INORANさんのアルバムが日に日に近づいてて嬉しいワタシです
とりあえず9/26のチケは300番台
私にしてはいいほうなのが笑えます
まぁ最前でもきっとあたしが勝手に動揺しまくるからこのぐらいがよい◎
どっかでできる試聴はしません
中途半端な焦らしプレイに踊らされたくないんだもの。。

***

ところで今日はあるグッズを使ってみました
「携帯ラッピングシール」
FAKE?のいつだかのグッズです
これ買った人どんぐらいいるんだろ、私は”?”ツアーの出血大サービスのときに買ったけど
しかしなかなか使えないでいた…
というかケイタイはシンプル派で、最初はいいかもって思ってたんだけど結局使う気が起きなかった

で、今回、こんな使い方をした

c0046447_23284998.jpg
iPodちゃんの透明プラケースに装着~
実は結構失敗してるんですが;
やべぇ!かっこいい!(ぅゎ…バカだ)
ぜってーFAKE?モデルのiPod nanoよりかっこいい!!
(FAKE?モデル買った人ごめんなさい)
あーますますiPodに萌えちゃうよー
私このロゴ大好きなんです、うへへ


でもひとつ欠点があって
せっかく入れた裏の刻印が見えないんですけどね…(それでいいのか?)

***

ラルクさんドームのお金振り込んだ!
いい席!いい席!! ¡Por Dios!(><)
[PR]
# by scarletspica | 2006-09-18 00:12 | INORAN
RRN10月号tetsuさん表紙(sakura対談)読んだよー
っていうかラルク、La.mamaでライブやってたのかよ!!(tetsuさん表紙のRNNを読んで)
最近わりとLa.mamaに行くようになったのですが
まさかLa.mamaで黒夢と対バンしてたとはなぁ

そう、tetsuさん表紙のロックンロール・ニューズメーカー買ったのですよ
sakuraとの対談読みたさもあり
うーんでも楽しかった
ラルクの今までを振り返ってるんだけど、
tetsuさん単独のところは真新しいことはなかったかな
'95の日本武道館とか'97の東京ドームとか
忘れやすい?tetsuさんが、よく覚えてるとか言ってくれると嬉しいよね
私はもちろんどちらも行ってないけどさ

でもtetsuさんの愛情って昔あたしが言っていたのと少し似ているな
私は人に対して嫌とかよく言う子で、それを言うのは相手のためだって思っていた
今は、それは自分の価値観の押し付けのような気がして、あまりそうではない、と思う
なんかでもteっちゃんはそれでいいんだよってね(何)
あたしは彼を全肯定はしないけど、彼らしさに笑顔でうなずいているから

あ、ポスターの裏側のtetsuさんはたぶん全国のtetsuオタは見逃すと後悔すると思います
そのぐらいいいお顔!

しかしまぁsakuraさんとの対談!
・hydeが食べちゃったのは酢豚って有名でしたけど
・ほんとは角煮なの??
・sakuraがteっちゃんの髪をやってたのは有名だよね
・しかしまぁおまいら皆で健康ランドなんぞ行っていたのかよ!(笑)
・最後にsakuraが言った話
・昔の分度器のエピソードじゃないけれど(過去にtetsuと180度違うと言ったのは有名な話)
根本は同じでお互い何かしらのプラスの方向に向かっているというのが
今も昔もこのふたりの関係のすべてなのではないかなぁと
・もしふたりがギターバトルをしたら
・たぶんsakuraが勝ちます、あいつ変態だから、キモイ音いっぱい出してくれそう(いい意味で)

いやーそれにしてもsakuraさんいいですねー
何がって、kenちゃんのBBSにイイ味出してくれたりしたところが
あの面白ネタの五七五、最後かなんかに桜台練馬が投稿したのがすごく気に入ってたんだけど
なんだったかなー
sakuraにもまた会いたいです

***

そんなこんなでheavenly ~films~を見てみたりしました
C'est La Vieがライブで聴きたいなーと思ってしまった
だって!hydeくんがtetsuさんにご挨拶して一緒に歌うところがなんか可愛くてさー
まぁリクったところでもう一度一緒に歌うところが見れるかってのは大きな別問題だな(苦笑)
それにhydeくんのなんかフリフリなノリノリなあの姿はなんなんだろう…
なんかheavenlyのhyde可愛すぎだよー

White Feathersもいいし、静かの海での合唱もやってみたいし
あー絞れないなー
しかし私は懐古主義なわけでもなく、その後7daysのDVD見たらあっさり泣けてきました(笑)
あれ、会場でnew albumの告知を見たときは、
自分でもびっくりしたけどほんと泣いたもんなー
あれが解散!って出てもたぶん、どこか空しくなるだけで泣かなかったと思うけど
あの日のアンコールの一体感はほんとよかった
そして単純に楽しみでラルクのライブが見たいです
feel heavenlyとはまさにこのこと

ラルクファンの皆さん、共に楽しみましょう★
[PR]
# by scarletspica | 2006-09-05 19:08 | L’Arc~en~Ciel
トップページ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
掲載ライブ・イベントレポ
★一覧表はコチラ★



最新のトラックバック
AUDIO ACTIVE
from = 馨 =
L'Arcafe行ってき..
from ign.
こんにゃくダイエット実践..
from ダイエットでカロリー、血糖コ..
OBRIVION DUS..
from NOTHING OR EVE..
Tourbillonライ..
from 拉麺日記
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧
お知らせ
<管理人>
結城みづな
L'暦8年/FK?暦4年/INO暦2年
SID歴半年なのでご愛嬌下さい
kenとINORANとゆうや贔屓
excite ID:scarletspica

<連絡先>
scarletspica★excite.co.jp
★を@に変換してお送り下さい

レポート記事の著作権について当サイトは、提供元を明らかにし尊重しつつ、音声を文字起こししたものは、提供元の著作権との関係では、掲載許諾の範囲と考えております。また、文字として公開されている媒体に関しては引用の範囲を超えないようにしているつもりです。何かご意見がありましたらコメント又はメールでお願い致します。

トラックバックのガイドライン
基本的に記事の主旨に関連した記事へのトラバは歓迎しております。関連性が薄いと思われたものに関しては予告なく削除させていただくことがありますのでご了承ください。

過去の副産物(ブログステッカー)




お持ち帰り自由、直リンク不可